浴槽修理 ひび割れ修理例

 

浴槽修理・ひび割れを起こした時の応急処置方法

浴槽にひび割れが入りお湯が漏れ出してしまう場合、浴槽用仮補修テープと呼ばれる物で、ひび割れを起こした部分を覆う事により、簡易的ではありますが一時的に浴槽が使用可能となります。
使用方法はひび割れて段差がある場合、その段差部分を手で押すなどして段差を極力無くした上で、ひび割れた部分に瞬間接着剤を流し込み、割れた部分同士を接着した上で、購入した浴槽用仮補修テープをひび割れの上に貼り付けます、この際テープの両端は3cm以上長くするようにして下さい。

※ご注意
仮補修テープで仮補修をした場合、最大でも一ヶ月間を使用期限として一ヶ月を超えるご使用は避けてください。
浴槽仮補修テープで仮補修が可能な範囲は、FRP系浴槽で壁面で40cm以内、底面では25cm以内アクリル系浴槽では、壁面の範囲が20cm以内、底面では15cmが限度ですが、ご使用は避けた方が無難です、又アクリル系浴槽の場合、使用期間は2週間が限度とお考え下さい、アクリル系の浴槽の場合は、ひび割れの拡大や破損につながる事が多く注意が必要となります。荷重の面から考えると使用期間は1週間が安全かと思われますが、使用状況によってはこの長さより短い場合がありますので、出来るだけ早く本格的な浴槽修理を行う事をお薦めします。この方法はあくまで一時的使用と考えて、お客様の判断でご使用ください、
エポキシ系パテ、シリコン系充填剤、いずれの商品も健康被害が出る可能性が有りますので、仮補修修理をする際には使用を避けて下さい。
応急処置に関しましては、弊社では一切の責任を負いかねますので、各自のご判断において応急処置を行なって下さい。

 

弊社の浴槽ひび割れ修理方法※特許申請中

浴槽ひび割れ修理前

左の画像は浴槽ひび割れ修理前の画像となります、水漏れを起こしていた為シリコンにてひび割れ周辺を覆い水漏れを抑えていた状態です。

 

 

浴槽ひび割れ修理 ひび割れの長さを確認

シリコンを剥離してひび割れの状態を確認しています。ひび割れの形状はL型で複合破断ひび割れ型となります。

 

 

浴槽ひび割れ修理 FRP積層にて修理 工程3

裏側にアクリル板又はアルミ板の補強材を入れてFRP積層にて新しく壁面を再生していきます。既存浴槽とほぼ同じ高さ迄FRP積層を行い、最後に樹脂パテを利用して、既存浴槽との段差を無くして平滑面処理を行います、手で触って違和感の無いよう平滑面処理が完了したら塗装準備となります。

 

浴槽ひび割れ修理 仕上げ塗装完了 工程6塗料は浴槽専用の塗料を使用して、既存浴槽に極力近づけた近似色塗装を行い、塗料の乾燥を待って塗装特有の塗装肌を研磨して仕上げとなります、ひび割れの長さと季節によますが、ここまでの作業時間は約4時間で終了します、修理後2〜4時間後にはシャワー使用可能となります、6時間以上で浴槽にお湯を溜めての入浴が可能となりますが
溜湯は最初の一週間は避けて頂き、浴槽を乾燥するようにして下さい。
使用塗料においては乾燥時間が異なりますので、現場作業者にお尋ねください。

浴槽ひび割れ修理料金表

破断ひび割れ修理料金表

 

特徴はひび割れが一本の線状に入り、経年劣化で入るひび割れの特徴と言えます、賃貸物件の場合経年劣化に伴うひび割れですので、貸主側の修理となる場合が多いひび割れです、修理時間はひび割れの長さにより違いがありますが、30cm程度のひび割れ修理時間は約4時間で完了をします、修理完了後6時間程度で浴槽にお湯を溜めての入浴が可能となります。

複合破断型ひび割れ修理料金表

複合破断型ひび割れは、ひび割れががY型・L型・T型等複数のひび割れとなります、複合破断型の場合経年劣化で入るひび割れと違い、何かしらの強い力が加わりひび割れを起こした場合に入るひび割れと言えます、賃貸物件の場合借主側の落ち度として、原状回復を求められる場合が多いひび割れとなります、複合破断型ひび割れの修理時間はひび割れの総延長が50cm程度の場合約6時間で完了をします、お湯を溜めての入浴は翌日からとなりますが、修理完了後2時間でシャワー使用が可能となります。

破損料金表

欠損を伴う破損の場合、複合破断型ひび割れで掛かる加重よりより大きな力が加わった場合に、破損を起こすのが特徴で、欠損箇所の周りには破断型ひび割れを起こしているのが、一般的破損状況となります、賃貸物件の場合は借主責任が問われ、原状回復として修理料金の請求が発生する事案です、修理時間は破損とひび割れの状況によりますが、穴の径が10cm程度で破断ひび割れの総延長が30cm程度の場合、約7時間程度必要となります、入浴は翌日より可能となります、シャワー使用は修理完了後3時間程度で使用可能となります。

いずれの修理時間も季節により多少前後致しますので、修理をご依頼なさる場合作業開始時間を午前9:30か午後1:00からとさせて頂きます。
特にマンションなどの集合住宅の場合、作業時に音が発生しますので、事前に管理組合などに工事の申請をされることをお願い致します。
※同一浴槽で複数の割れがそれぞれ違う部位に入っている場合は、ひび割れの一番長いものを基準として、二カ所目以降は修理料金が半額となります。
破損と破断ひび割れの混合の場合、破断修理費を基準として破断ひび割れの修理料金は半額となります。

樹脂浴槽にひび割れが入る原因

浴槽ひび割れ修理の依頼が多い場所

浴槽ひび割れ修理 壁面ひび割れ拡大浴槽のひび割れ原因は、樹脂疲労によるひび割れが多く、樹脂疲労を起こす原因は外的加重によるもので、入浴をする際に無意識に、浴槽に身体を委託する背中部分や、浴槽内で立ち上がる際に、足や手で力をかけてしまう部分に、過重がかかり経年経過と共に、ひび割れを起こしやすい状態になり、自然にひび割れが入ってしまう事となります、ひび割れ修理依頼の多くは壁面の修理で特に多いのが背中側のひび割れとなります、壁面に対して底面修理依頼はひび割れ修理の全体で3割程度となりますが、ひび割れの長さは壁面が平均25cmに対して底面の平均は50cmと倍の長さとなります。

アクリル系浴槽ひび割れ修理(人工大理石浴槽)

アクリル浴槽複合破断型ひび割れアクリル樹脂製の浴槽の場合、FRPと違い樹脂の中に繊維状のものが入っていない為、ひび割れが長く入る傾向に有ります、又ひび割れが一カ所にとどまらす、一度に数カ所複合して入る場合が有りますので、ご使用に成られていて少しでも違和感を感じたら、浴槽の点検をお勧めします。
同一浴槽で複数本のひび割れが入っており全てが繋がっている場合は総延長ですのお見積となります壁面のライニング処理をする場合、アクリル樹脂浴槽で複合破断型ひび割れが入っている場合、ひび割れ場所以外に負荷が掛かっている可能性が有る場合など、ご相談の上施工をさせて頂く場合が有ります。

 

浴槽ライニング修理

どのような傷に対してライニング修理が必要なのか

ライニング修理とは何をさしているのかと言いますと、既存の浴槽表面に新しくFRPを積層して浴槽の表面に新しい樹脂層を形成する必要が有る場合に行われる工法の一つです、利点としては、交換が難しい在来工法の埋め込み浴槽や、防水パン一体式のユニットバスを、交換したのと同じ効果を得られる所に有ります、これは浴槽強度が落ちている場合や修理箇所が広範囲にわたる場合有効です。

底面ライニング料金表

 

 

浴槽底面がひび割れを起こしており、樹脂層の厚みが3ミリ以下の場合、通常のひび割れ修理では強度が保つことが出来ない為行う修理方法です、使用するガラスシートは#450を使用して三層の積層を行うことにより、既存浴槽の上に新たに3ミリの樹脂層を形成し底面の強度を上げることが出来ます、状況によってはさらに積層枚数を増やして強度を増すことが出来ます。

浴槽壁面ひび割れ修理 ライニング併用修理

ライニング処理ライニング#200

壁面のライニング処理をする場合、アクリル樹脂浴槽で複合破断型ひび割れが入っている場合、ひび割れ場所以外に負荷が掛かっている可能性が有る場合など、ご相談の上施工をさせて頂く場合が有ります。

 

 

 

 

 

 

浴槽表面の劣化に伴うひび割れ修理

浴槽の表面ヘアークラック、ブリッツが発生した場合、浴槽壁面全体をライニング処理して修理を行います、特に浴槽に破断ひび割れなど発生していない場合、壁面ライニングにはガラスクロス#50を使用して、浴槽内側に約0.3ミリ程度の新しい樹脂層を形成します、破断ひび割れなど重修理が必要な場合や、浴槽全体の強度が落ちていると判断される場合は、ガラスクロス#200又はガラス繊維シート#450を使用して強度の落ちている壁面の強度を上げての修理となります

壁面ライニング壁面全体ライニング#50料金表

 

 

全体ライニング#200の料金表

 

 

 

 

 

 

※この料金には底面ライニングの料金は含まれていませんのでご注意ください。
全体ライニング後は既存浴槽近似色塗装又はご希望色での塗装仕上げとなります。

浴槽全体塗装

浴槽全体塗装時の修理料金

浴槽の傷を修復して、浴槽全体を再コートする事により美観回復を図る工事となります、この際の浴槽ひび割れ・欠損修理料金は機能回復の料金とは異なります。コート時の修理料金

浴槽全体カラーコート

シングルコート料金表浴槽全体カラーコートの仕上げには2種類あります、基本カラーコートの上にクリアーコートを塗布して浴槽の艶を上げて、基本カラーコート層を保護するダブルコートがあります。
ダブルコート料金表

浴槽全体カラーコート作業には、2日〜4日の作業時間を必要とします。
作業工程は次のようになります。

浴槽修理
↓ 4時間〜7時間

浴槽塗装下地調整
  ↓ 30分〜1時間
浴槽脱脂作業
  ↓ 30分
カラーコート下地剤塗布
  ↓ 10分
カラーコート塗布
  ↓ 塗料乾燥時間 6時間〜12時間
カラーコート表面研磨
  ↓ 1時間〜2時間 → クリアー下地調整
  完了    ダブルコート時  ↓ 10分
               クリアーコート塗布
                 ↓ クリアー乾燥 6時間〜8時間
               クリアーコート表面研磨
                 ↓ 1時間〜2時間
                 完了 
以上の工程を行いますので、機能回復工事に比べてお時間を頂くこととなりますので、ご了承の程宜しくお願い致します。