ひび割れを起こした時の応急処置方法

浴槽にひび割れが入りお湯が漏れ出してしまう場合、浴槽用仮補修テープと呼ばれる物で、ひび割れを起こした部分を覆う事により、簡易的ではありますが一時的に浴槽が使用可能となります。
使用方法はひび割れて段差がある場合、その段差部分を手で押すなどして段差を極力無くした上で、ひび割れた部分に瞬間接着剤を流し込み、割れた部分同士を接着した上で、購入した浴槽用仮補修テープをひび割れの上に貼り付けます、この際テープの両端は3cm以上長くするようにして下さい。

※ご注意
仮補修テープでひび割れを仮補修をした場合、最大でも一ヶ月間を使用期限として一ヶ月を超えるご使用は避けてください。
浴槽仮補修テープでひび割れ仮補修が可能な範囲は、FRP系浴槽で壁面でひび割れの長さ40cm以内、底面では25cm以内アクリル系浴槽では、壁面の範囲がひび割れの長さが20cm以内、底面では15cmが限度ですが、ご使用は避けた方が無難です、又アクリル系浴槽の場合、使用期間は2週間が限度とお考え下さい、アクリル系の浴槽の場合は、ひび割れの拡大や破損につながる事が多く注意が必要となります。荷重の面から考えると使用期間は1週間が安全かと思われますが、使用状況によってはこの長さより短い場合がありますので、出来るだけ早く本格的な浴槽ひび割れ修理を行う事をお薦めします。この方法はあくまで一時的使用と考えて、お客様の判断でご使用ください、
エポキシ系パテ、シリコン系充填剤、いずれの商品も健康被害が出る可能性が有りますので、仮補修修理をする際には使用を避けて下さい。
応急処置に関しましては、弊社では一切の責任を負いかねますので、各自のご判断において応急処置を行なって下さい。
ホーロー浴槽修理前

ホーロー浴槽さび修理 杉並区さび3か所修理

修理市町村 東京都杉並区 修理内容 ホーロー浴槽さび修理 修理箇所 ホーロー浴槽

コメントなし
さび修理前

ホーロー浴槽錆修理 錆穴2箇所有り

東京都目黒区 ホーロー浴槽修理 15cm範囲 2cm程度の錆による穴が2箇所有り

コメントなし
修理前

壁面背中側破断ひび割れ 45cm 銚子市

千葉県銚子市 浴槽壁面背中側破断ひび割れ 45cm 61,600円税別+出張費9

コメントなし
浴槽修理前

壁面背中側破断ひび割れ20cm小田原市

神奈川県小田原市 浴槽壁面背中側 約20cm 43,600円税抜+出張費2,50

コメントなし
ひび割れ修理前

底面破断ひび割れ15cm 松本市ビジネスホテル様

長野県松本市 浴槽底面破断ひび割れ修理 約15cm 40,000円税別+出張費1

コメントなし

浴槽修理

浴槽修理の主な症状と原因

  • 経年劣化が原因の破断ひび割れ
  • 転倒等による、一時的荷重による複合破断型ひび割れ・破損
  • 経年劣化に伴う、浴槽トップコートのブリッツ(膨らみ)又はヘアークラック(微細なひび割れ)
  • ホーロー浴槽のさび
  • ホーロー浴槽のさびによる穴

浴槽修理目的

修理の目的は、何らかの損傷で使用出来ない浴槽を修理して、使用出来るようにする事が第一目標となります。
使用可能に限って目的を定めた場合、浴槽のひび割れ破損部分を修理し、修理部分周辺を既存浴槽の近似色塗装を行う機能回復に重点を置いた修理方法。
破損箇所以外の小さな傷や、日常の清掃をしても、落ちきれない汚れまでも修復して、浴槽全体をリフレッシュする美観回復を視野に入れた修理方法の二種類があります。
機能回復を主体とした工事の場合、工事時間も短く最短で修理当日より浴槽使用が可能となり修理料金も美観回復に比べて安価に抑える事が出来ますが、既存浴槽の近似色塗装を行う際に浴槽の汚れ等有る場合に、修理箇所のみ多少の違和感が発生する場合があります。

浴槽修理工事の利点

浴槽修理時間が短く最短で4時間で終了し、修理当日より浴槽を使用する事が出来る上に、ユニットバスリフォームに比べて修理費用は半額以下で済む等負担が少なく済みます。

浴槽修理工事の欠点

修理箇所が経年経過で塗装剥離やその他不具合が出る可能性もあり、又修理箇所以外の部分が不具合を起こす可能性も有る為、修理をすれば何年も持つとは言えないのが現状です。

浴槽でひび割れを起こしやすい場所は限定されていますので、経年経過で浴槽全ての場所が劣化を起こして、ひび割れを起こしやすく成っている訳ではありません、背中の当たる壁面又は循環機口の足の当たる部分が樹脂疲労で割れやすい状態になっている訳ですので、ひび割れ修理を行った面は補強された事となりますので、必ずしも他の面が割れるとは限りません、浴槽を新しく交換した浴槽との比較の場合です。

樹脂浴槽ひび割れ修理事例

FRP浴槽修理例

浴槽壁面背中側破断ひび割れ修理事例

浴槽壁面背中側破断ひび割れ 長さ約45cm

樹脂浴槽壁面背中側ひび割れ
修理中
修理完了

修理費61,600円税抜+出張費

浴槽壁面背中側破断ひび割れ 長さ約30cm

修理初期
修理中
修理後

修理費50,800円税抜+出張費

浴槽壁面背中側破断ひび割れ 長さ約25cm

壁面背中側
修理中
修理後

修理費47,200円税抜+出張費

浴槽壁面背中側破断ひび割れ 長さ約20cm

修理前
修理中
修理完了

修理費43,600円税抜+出張費

浴槽壁面循環器口側破断ひび割れ修理事例

浴槽壁面循環器側破断ひび割れ 長さ20cm

循環器口側破断ひび割れ
修理中
修理完了

修理費43,600円税抜+出張費

浴槽壁面循環器側破断ひび割れ 長さ約25cm

ひび割れ修理前
修理中
修理完了

修理費47,600円税抜+出張費

浴槽壁面循環器側破断ひび割れ 長さ約20cm

修理前
修理中
修理完了

修理費43,600円税抜+出張費

浴槽底面破断ひび割れ修理事例

浴槽底面破断ひび割れ 長さ約50cm

底面ひび割れ
修理中
修理完了

修理費65,200円税抜+出張費

浴槽底面破断ひび割れ 長さ約15cm

底面ひび割れ
修理中
修理完了

修理費40,000円税抜+出張費

浴槽底面破断ひび割れ 長さ約35cm

底面ひび割れ
修理中
修理完了

修理費54,400円税抜+出張費

底面ライニング補強修理

底面ライニング補強修理は、主に浴槽底面の樹脂層が3ミリ程度の浴槽で底面にひび割れが入った場合に行う工法です、状況に応じてガラスシート#450を、複数枚重ねてライニング修理を行いますので、浴槽底面の強度を上げる必要がある場合、シートを5枚(約5ミリ)の厚みを持たせライニングを行います。

浴槽底面ライニング修理事例

三点ユニットバス底面破損修理

このユニットバスの底面樹脂層が3ミリ以下の為、破損個所を含めてライニング処理にて新しく底面を作成し強度を上げての修理となります。

修理前
修理中
修理完了

ユニットバス底面ライニング工法にて修理

この浴槽底面には破断型ひび割れが合計で5箇所入っており個別に修理を行うと割高となる為、底面全体をライニング処理を行うことで、個別に破断ひび割れを修理したのと同様の効果があり、底面強度も上げての修理が可能となります。

修理初期
ライニング処理中
修理完了

修理費69,000円税抜+出張費

浴槽壁面破損ライニング修理

壁面ライニング工法は主に、破損範囲が10cm角を超えた場合壁面強度を保つ必要がある為行う工法です、状況に応じて#450又は#200のガラスシートを3層程度重ねて補強を行います、既存浴槽との境目は約2ミリ程度削りライニングを行い、平滑面を出すように修理を行うので、段差などの違和感は最低限に抑えることが出来ます

浴槽内転倒による破損

修理前
修理中
修理完了

修理費63,200円税抜+出張費

破損修理前
修理完了

修理費71,000円税抜+出張費

アクリル樹脂製浴槽修理

アクリル浴槽の特性

人工大理石浴槽と呼ばれる浴槽の材質は主にアクリル樹脂で作られています、アクリル樹脂の特性は比較的高温に強いとされていますが、浴槽に使用されるアクリル樹脂の場合80℃~95℃が限界とされています、通常のご使用状態では80℃近くまで上げて使用する事は考えられませんので、FRP浴槽の様に表面クラックが入る心配はありません。
アクリル浴槽は、FRP浴槽と違い浴槽を形成する際に繊維シートを使用せず、樹脂単体での強度を保つ為、FRP浴槽に比べて重量が重く設置型浴槽交換の際に、既存の浴槽がFRP浴槽又はポリ浴槽からグレードを上げてアクリル樹脂浴槽に変える事は、ユニットバスルームのメーカーに確認をしないと重量計算が変わる為思わぬ支障をきたす場合があります。

アクリル浴槽にひび割れが入った場合

アクリル浴槽はFRP浴槽と違い、樹脂の中に補強の為の繊維が含まれていない事が多く、ひび割れの長さも長くなる傾向にあります、又ひび割れを起こした際に浴槽全体が軽微な歪みを起こす事が有りその為ひび割れた場所が1~3mmの隙間を開ける事があります、この事により他の部分に余分な力が掛かり浴槽全体にひび割れが入ったり、修理後他の部分にひび割れが入るなどを起こす事が多い浴槽と言えます、弊社ではひび割れの隙間が規定以上ある場合は、ひび割れ修理の他にひび割れを起こした面全体をライニング工法を加えて修理を致しますので、修理金額がひび割れ修理金額と異なる場合があります事を何卒ご了承の程お願い致します。

アクリル浴槽破断ひび割れ
アクリル浴槽ひび割れ
ひび割れ状況
アクリル浴槽ひび割れ修理前
修理完了
アクリル浴槽ひび割れ修理後
修理前
アクリル浴槽ひび割れ修理前
修理完了
アクリル浴槽ひび割れ修理後

このひび割れは全て同一浴槽です、ひび割れの総延長1,4Mの破断ひび割れ

修理費130,000円税抜+出張費

アクリル浴槽底面破損修理
底面破損状況
アクリル浴槽底面破損修理前
修理完了
アクリル浴槽底面破損修理後

修理費148,000円税抜+出張費

浴槽表層劣化に伴う症状

浴槽トップコートひび割れ・劣化に伴うブリッツ

ヘアークラック

ボールペンで書いた様な黒い線がヘアークラックです

ブリッツ

表面にポツポツとした膨らみがブリッツと呼ばれる劣化です

表面劣化浴槽修理

浴槽ライニング修理事例

ヘアークラック

この浴槽の壁面には無数のヘアークラックが入っている為、浴槽ライニングコート仕上げを行いました

ライニング処理
浴槽表面劣化修理前

ライニング処理完了
浴槽表面劣化修理後

表面クラックの修理 149,000円税抜+出張費
工期3日間

壁面補強ライニング
浴槽表面劣化によるライニング修理
補強ライニング終了

ライニング修理後

修理状況比較

浴槽全体カラーコート79,000円・一部ライニング処理含む下地調整 50,000円

修理費合計金額 129,000円税抜

これらの症状は経年劣化した事による浴槽の傷みですが、この症状を起こす場合一定の条件が重なった時に現れる症状で年数を経て、必ずしも現れるものでは有りません。

ホーロー浴槽さび修理

ホーロー浴槽がさびる理由

ホーロー浴槽にさびが発生する原因は釉薬層のマイクロクラックによる物です。
ホーロー浴槽の基材は、鋼板又は鋳鉄と呼ばれる鉄製品で出来おり、鉄製品当然防さび加工が施されています、浴槽の内側のホーロー釉薬が防さびを担っていますが、ホーロー釉薬はガラス質を多く含んだ釉薬ですので、堅い物の衝撃で、釉薬層にマイクロクラックと呼ばれるひび割れを発生させる事があり、そのマイクロクラックを水の毛細管現象で内部まで水が浸透した際に、その部分を腐食(さび)させる結果となります

さび状況

さびから流れ出た赤茶色の汚れが浴槽表面に付着をした、さびの初期症状

さび状況

釉薬層欠損を起こした症状で、このように釉薬層に欠損が出ている場合、浴槽基材の鋳鉄に穴が開いた状態となる、重篤な状態です

ホーロー浴槽錆修理例

ホーロー浴槽全体修理

腐食による穴多数
ホーロー浴槽修理前
修理完了
ホーロー浴槽修理後

ホーロー浴槽さびによる穴修理
拳大2箇所 手のひら大1箇所 両手手のひら大1箇所 親指大4箇所 合計7箇所
ホーロー浴槽全体ライニング処理

合計金額 334,250円税抜

ホーロー浴槽さび修理

ホーローさび
さび穴2箇所
修理中
修理完了

ホーロー浴槽さび修理基本料金 55,000円 さびによる腐食貫通痕2カ所合計22,500円

合計金額 77,500円税抜

浴槽美観回復工事

機能回復工事と比較して、塗装範囲を浴槽全体にカラーコートする事により、傷や破損箇所修理以外の微細な傷を復元し、浴槽全体の艶を復元することにより浴槽を再生し、浴槽の美観回復を目的とした工事となります。

浴槽全体カラーコート施工

ガラスコート仕上げ
浴槽修理を行う際に、修理箇所が浴槽の半分を占める場合やアクリル樹脂製浴槽修理の場合浴槽全体カラーコートをお勧めする場合が有ります、特にアクリル樹脂浴槽の場合樹脂層の中に色素が含まれており、浴槽の樹脂の厚みで独特の透明感を持った浴槽になっています、FRP浴槽の場合は浴槽樹脂表面に近似色塗装を行っても違和感は出にくいのですが、透明感を持った浴槽の場合塗料でそれを再現する事が出来ない為違和感が出やすく、例え近似色であっても塗料の陰が、塗装した周辺に現れて塗装をした周りが茶色い陰が出る事もあります、陰が出るか否かの判断は既存浴槽の塗装を行わない部分に指を置いてみるとわかりやすく、おいた指の周りに陰が出る場合、修理を行う前にお客様と相談をさせて頂いて違和感が出やすいので旨を伝えた上で、部分修理を行うか浴槽塗装で全体をカラーコートを行うかをお客様の判断で施工をさせて頂いております、又浴槽の変色があり上下で色の差がある場合修理箇所の色を中間色で塗装を行ないますが、変色が強く色が合わない場合がありますこの場合は修理面を全て塗装をすることにより違和感を低減することが出カラーコート
来ますが、修理面以外との色の差が有る場合等もお客様判断にて全体カラーコートを行うか否かを決めて頂く場合があります。

修理当初から全体カラーコートをご希望さる場合は、修理基本料料金が変わりますので、浴槽修理と同時に浴槽カラーコート施工を、ご希望の方は修理お見積依頼の際にはお申し付け下さい。

浴槽シミ抜き

浴槽シミ抜きとは、浴槽全体カラーコートまでの工事を必要はなく、比較的軽微な湯垢ラインや浴槽のもらいサビなどの汚れを特殊洗浄で落として、浴槽全体をガラスコートでツヤの復元をする工事となります。

湯垢洗浄前
洗浄後ガラスコート仕上げ

湯垢洗浄、ガラスコート仕上げ

シミ抜き

給湯器配管のさびによる浴槽サビ染み除去、浴槽特殊洗浄にてその他の湯垢・汚れを除去しガラスコート仕上げ

ユニットバス壁面修理

ユニットバスルームの壁面腐食

ユニットバスの壁面は3層構造から出来ている事が多いです、普段目にする浴室の壁面は樹脂シートを貼り付けしている部分となります、その下地に厚さ約1ミリの鋼板で作られている部分がユニットバス壁面の主要部分となります、1ミリの鋼板の強度を保つ為に鋼板に厚さ12ミリの石膏ボードが貼り付けた構造となっています、経年経過でユニットバス壁面の主要部分にさびが出る事があります。壁面さび

壁面のサビ修理依頼の多くは、壁面下部の防水パンと壁面の接合部分からの腐食修理依頼が一番多いのが特徴とも言えます、この部分はシリコンを利用してシーリングされた部分ですが、絶えず壁面を伝わって水が流れる部分でもあり、経年経過でシーリングにわずかな隙間が出来ると、その部分より毛細管現象で内部に水が浸入していく事となり、その結果壁面パネルを錆びさせる事となります。

浴槽修理する上でのご理解とお願い。

賃貸物件の修理時の注意

賃貸物件の瑕疵責任は、借主責任の部分と貸主責任とに分かれています、借主責任は現在昔に比べてかなり限定的になっています、借主の日常生活で自然に付く傷や経年劣化による破損の責任を問われる事はありませんが、借主の落ち度によるものは昔と同じ責任を問われます、落ち度の解釈ですが、浴室に限った事を申し上げますと、日常の清掃を怠った事によりカビの異常繁殖・浴槽の湯垢の過度な付着、毛染め液による浴槽又は浴室の染色、浴室内に金属を放置した事によるさび跡、浴槽浴室内での転倒による破損、アロマオイル・キャンドル等の使用に伴う浴室内の汚れ等が借主側の責任で、原状復帰をする必要があります。
退去時にこれらの不具合を放置して退去した場合、貸主側より原状復帰に掛かる費用負担を請求されますので、ご注意下さい。
以上の事柄を退去前に修繕する場合、必ず修理をする前に不動産管理会社に連絡を入れ、貸主の承諾を得るようにして下さい、もし承諾無く勝手に修理をした場合刑法216条の器物損壊罪にあたり、修理目的であっても貸主より訴訟を起こされる場合が有ります、弊社では貸主の許可を得ているものとして修理を行いますので、未許可で訴訟を起こされたとしても弊社では責任を取りかねますので、修理工事依頼の前には必ず修理許可を得るようにして下さい。
これらにかかる費用は入居時に損害保険に加入をしている場合、損害保険を使用する事により実費負担が軽減される場合も有りますので、不動産管理会社に連絡を入れた際に確認をすると良いかと思います。

浴槽修理施工後の保証について

浴槽修理を行う場合細心の注意を払い修理を行いますが、極稀に修理に使用した樹脂の収縮により、修理箇所にひび割れの様な線が出る事がありますが、この様な不具合が出た場合ご家庭用浴槽は3年、ホテルなど営業にご使用される浴槽は1年の保証期間を設けておりますので、万が一不具合が出た場合は無償にて再修理を行います。但し修理地が遠方の場合出張費のご負担をお願いする場合がございます、何卒ご理解の程お願い致します。
尚、修理箇所の延長線上にひび割れが出た場合保証対象外となりますので、ご理解の程宜しくお願い致します。
保証内容の確認

浴槽修理施工中の臭気と施工後のご注意

浴槽塗装に使用する溶剤は全て環境ホルモンに配慮された塗料を使用致します、又塗装の完全結合にはおよそ1週間かかります、ここで完全結合の説明を致しますと、塗料には二種類の乾燥硬化過程があり、塗装完了後塗料の性質に違いが有りますが、早い物で3時間後には使用可能になる塗料から24時間経過した時点で使用可能になる塗料が有ります、完全乾燥結合とは塗料内での化学結合が完了するまでの時間を指しますので、通常のため湯をして使用差可能になるには約1週間必要となります、早い時期にため湯をしてのご使用の場合ブリスターと呼ばれる水疱状の突起が出る場合が有りますので、ため湯をされる場合工事完了日から起算して1週間以上経過した後にため湯をするようお願い致します。
又、浴槽修理の際に使用するポリエステル樹脂の中には、乾燥硬化する際に環境ホルモン(キシレン・スチレン)を極微量ですが出る樹脂を使用致しますが、全ての修理作業後溶剤臭は約2時間で抜け、溶剤臭が抜けた後では環境ホルモンを含んだ成分は放出する事は有りません。
長期間のため湯(24時間風呂・ジャグジー等)を想定される場合、使用する塗料を長期間対応型の特殊塗料に変更が必要な為、事前にお申し出下さますようお願いをしております。